検索
  • Mizuho.A(推しごとアシスタント)

丸森町地域おこし協力隊に合格しました



2019年10月より、丸森町地域おこし協力隊として活動が決まりました。

「丸森町を自走できる町へ」をコンセプトに進めて参ります。


なぜ、丸森町を自走できる町にしたいのか




丸森町は宮城県の消滅可能性都市に挙げられています。

※出展:丸森町広報誌、宮城県公式ウェブサイトより


人口約1万3000人の町の、シニア世代の割合は約40%です。

丸森町は、どこの地方も抱える「高齢化」の波を一歩先に受けています。


そんな丸森町の掲げるスローガンの一つに、

「丸森町から世界に通ずる事業を起こしていく」というものがあります。


たくさんの企業が集まれば、そこに仕事が起こり、町に人が集まります。

丸森町に人が集まって、丸森町に魅力があれば定住してくれる可能性があります。

起業家さんがたくさんいても、起業家さんをサポートする人が少ない。

町民が面白い事をしようとしても、サポートする人が少ない。


私はそのサポートをしようと考えています。


個人が個人をサポートする理由




大きな企業さんや、予算がある企業さんは私は、ほとんど必要ありません。 自治体さんや法人さんで、支える会社さんを選べるし、デザイナーも選べます。


丸森は、今頑張ろうという段階の人が多く見えました。

事業主さんだけでなく、ママさんパパさん、もしかしたら子どもたちも。


「何かしたいな」という人の支えになりたいのです。


ノウハウを教えて終わり、上手くいかなかったら終わり、ではなくて、

手取り足取り分かるまで。

目指すビジョンに寄り添って。

やりたい事が自立して、回転するまで。


「町おこしです!町はチャレンジします!」と言うのは、私は出来ないです。

でも「町おこししたい!チャレンジしたい!」という小さな声を拾うことはできます。

大きな声は手が小さいので拾いきれませんが、小さな声は手に大切に収める事ができると確信しています。


とにかく町民がハッピーな町へ




ビジネスでは甘いかも知れませんが、私はみんなハッピーじゃないと嫌です。

細かいところまで、しっかりケアして最後まで見届けたい。


途中で分からなくなるのは嫌。

首突っ込むなら墓場まで一緒にいてやる精神で仕事をしています。


みーさんと仕事がしたい!と言ってくれる人がいる限り、

私はどこまでも応援したいです。


がんばりたい人を世界までアシストする丸森だから、

できる方法だと思っています。




推しごとアシスタント/

浅野瑞穂

0回の閲覧

©2019- by waw project.